俺レポート〜ゆとり大学生の主張〜

管理人が気になったことをひたすら文章で綴る不定期更新ブログ。

【主張】「個性は見た目に現れる」という風潮

f:id:oreport:20130903000953j:plain
9/2(月)はどこも始業式が行われたようで,街を歩くと多くの小学生に出くわした。
何気なく見ると,まとまって歩く小学生のランドセルの色は皆バラバラだった。
CMとかで最近は色んな色があるというのは知っていたけど,改めて見るとちょっと感動すら覚える。
最近は子どもの個性を「見た目」に表しやすい流れがあると思う。

ゲームにもその傾向は見られる

最近の女の子向けゲームってファッション系のものがすごく多いな,と感じる。

オシャレ魔女 ラブandベリー ~DSコレクション~ (オシャレまほうカードリーダー同梱)

オシャレ魔女 ラブandベリー ~DSコレクション~ (オシャレまほうカードリーダー同梱)


わがままファッション ガールズモード

わがままファッション ガールズモード



かなり色々なアイテムがあったりするらしい。

それを反映してか最近の小学生モデルは大人ばりのファッションというか…見た目が大人っていうか…とにかくすごい。

screenshot
【JSガール】 雑誌などで活躍中の人気小学生モデル 約120枚まとめ 【画像】 - NAVER まとめ

外に目を向けさせている社会

でも本当にこれって個性なんだろうか。
確かに見た目だけ見ているとかなり個性的ではある。
どうも最近の小学生の「見た目が大事!」っていう風潮を見てるとサカナクションの「アイデンティティ」が浮かんでくるんだよね。

映し鏡 ショーウインドー 隣の人と自分を見比べる
そう それが真っ当と思い込んで生きてた


サカナクション/アイデンティティ(MUSIC VIDEO) - YouTube

ランドセルの色やファッションに用いるアイテムとか,最近は「他人」と「自分」との境界線を見た目に頼りがちだ。
だけど,例えランドセルの色が赤と黒しかなくたって,着てる服が皆ジャージだって,個性的な奴は出てくる。
もちろん今だって見た目に頼らなくても本当に個性的な小学生はいるんだろうけど。

俺が心配しているのは見た目上の「個性」というのは結局は「皆と同じ」にまとまっていってしまうということ。
大人の目線から見るから異様に見えるだけであって,イマドキの小学生モデルの格好は,小学生の間ではイマドキなんだろう。
駅から大学までの通学路は10分にも満たないが,その間同じような格好に身を包んだ大学生を何人も通り越していく。
皆一様にイマドキのファッションに身を包んでいる。
本人はそれで個性を発揮しているつもりなんだけど,下手したらその人と全く同じ格好をした人が構内に存在することになる。

ファッション(流行)というのは,得てしてそんな傾向を持っている。
女の子の場合はメイクの仕方にも流行があるらしい。
そういう世界に小学生の頃から身を投じていいのかな,というのが一番の疑問。
まぁ,本人の勝手と言ってしまえばそこまでなんだろうけど。

ランドセルやファッションを見ていて,最近は皆と同じ「個性」が求められるのかなーとぼんやり思った。
個性,と付けたのはどうやら何もしないというのはダメらしいぞ,ということで。
しかし,個性を発揮しないものを排除する「いじめ」じゃなくて,皆が自分の個性を発揮しまくる「ケンカ」に持って行ってほしいなと感じる。
好きなときにケンカして,好きなときに仲直りできるのって小学生ぐらいだと思うからさ。

広告を非表示にする
Ads by Google