俺レポート〜ゆとり大学生の主張〜

管理人が気になったことをひたすら文章で綴る不定期更新ブログ。

【主張】最高裁,「婚外子」相続差別は憲法違反。その判決に俺は同意する

f:id:oreport:20130904164313j:plain:w500

結婚していない男女の間に生まれた非嫡出子(婚外子)の遺産相続分を嫡出子の半分と定めた民法の規定が、法の下の平等を保障した憲法に違反するかが争われた2件の家事審判の特別抗告審で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は4日、規定は「違憲」との決定を示した。

明治時代から続く同規定をめぐっては大法廷が平成7年に「合憲」と判断、小法廷もこれを踏襲してきたが、新たな判断を示した。最高裁が法律の規定について憲法違反と判断したのは戦後9件目で、国会は法改正を迫られることになる。
婚外子相続格差は「違憲」 最高裁、法令違憲は戦後9件目 - MSN産経ニュース

ネット上を見ると,この判決に対して様々な意見が見られる。
子どもに罪はないとする意見。不倫容認になってしまうのではとする意見。

結論から言うと,俺はこの判決に対して賛成である

そもそも「婚外子」相続差別とは

この問題についてよく分からないという人のために,俺が分かる範囲内で説明を試みよう。
夫婦の間に子どもがいて,夫か妻どちらかが亡くなった場合,遺産の相続者は配偶者・子どもとなる。
配偶者は遺産の1/2を相続し,子どもは余った1/2を人数で割ることになる。
ここで,子どもに嫡出子(夫婦の間に生まれた子)と非嫡出子(不倫などによって生まれた子)がいる場合,非嫡出子の取り分は嫡出子の半分になる……というのがこれまでの民法の規定だ。

やっぱり子どもに罪はない

結局,嫡出子・非嫡出子の問題は親の不倫の問題によるものだ
子どもは生まれる前からどういう環境に生まれてくるのかを選ぶことはできない。
それなのに環境の違いによるものを子どもに負わせるべきではない,というのが俺の主張

そもそも,非嫡出子の場合,子どもには相続の権利があるが,その親(不倫相手)には相続権はない。
非嫡出子・嫡出子の遺産取り分を同じにしてもそれはペナルティとして働くのではないだろうか。
この判決が不倫を認めることになるというなら,不倫をした当人たちに対するペナルティを強化すれば良いだけの話だ

いざ遺産を相続するという場面になると気持ちの問題もあるかもしれない。
でも,それって非嫡出子の取り分を半分にすることで本当に解決できていたんだろうか
ネット上を見ていると第三者の立場の意見ばかりが目立つ。
是非当事者たちの意見が聞きたいものだ。

補足

色々見て回って気付いたけど,非嫡出子の事例は不倫だけじゃなかった。
女性が妊娠してて,結婚前に男性が逃げてその後別の女性と結婚…というパターンも多いそう。
ますます嫡出子と非嫡出子で相続を区別する理由がなくなるね!

Ads by Google