俺レポート〜ゆとり大学生の主張〜

管理人が気になったことをひたすら文章で綴る不定期更新ブログ。

【Web】えっ,今も息してるの? 懐かしのWebサービス。


webサービスって色々あるけど,気付いたら消えてるものも多いんだよね。
最近だとGoogle Readerの終了が衝撃だったかな。
消えたと思って検索かけてみたら,まだ意外と残っていたサービスがあった。

ふと気づく。そういやこんなwebサービスあった

気付けばブログサービスの出来始めぐらいからWebの世界に居座っている。
そうなるとWebに関する懐かしいことなんてのも増えてくるもんだ。
昔をしのんで…っていうわけじゃないけど,ちょっとここらで懐かしいWebサービスを列挙してノスタルジーに浸るなんてことがしてみたくなった。

前略プロフィール

http://pr.cgiboy.com/
一番懐かしいって言われたらこれかな。
ギャルもオタクもみんなこぞってこれでプロフィールを作っていた。
だけど,今は実名ならfacebookがあるしね。匿名ならtwitterが代わりかな。
今考えれば何ともネット初期らしいしょぼい見た目だった。

The Interviews

http://theinterviews.jp/
うーん,このサービス。
割と華々しくデビューしたはずなんだけど気付いたら注目されなくなってて,気付いたらめちゃくちゃつまらんねーコンテンツになってた。
久しぶりに見たんだけどさ,昔流行った100の質問みたいだね。
もはや痛さしかないような。
特に質問がつまんないね。
普通の質問に面白く答える方がまだコンテンツとして成り立つ気もするけど,元々が自己主張のぶつかり合いみたいなコンテンツだからなぁ。

携帯向けHPサービス

いわゆるフォレストページとかね。
これは自分がスマフォになったから注目しなくなっただけかなとか思ったけど,やっぱり全体的に下火っぽい。
恋空の勢いが夢のようだ…。

 ───アタシの名前はアイ。心に傷を負った女子高生。モテカワスリムで恋愛体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は援助交際をやってるミキ、学校にナイショで
キャバクラで働いてるユウカ。訳あって不良グループの一員になってるアキナ。
 友達がいてもやっぱり学校はタイクツ。今日もミキとちょっとしたことで口喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
 「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいキャッチを軽くあしらう。
「カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
キャッチの男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
 「すいません・・。」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとキャッチの男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男はホストだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
「ガッシ!ボッカ!」アタシは死んだ。スウィーツ(w)
スイーツ(笑) - アンサイクロペディア

ディレクトリサービス

利用する機会がめっきり減った。
Google先生真の意味で先生になってしまったから。
思い返すとちょっと前までググってもあんまり良い情報出てこなかったんだよなー。
モバイル検索はかなりクソみたいだったっていう記憶がある。
だから俺の場合は特に携帯からディレクトリサービスを利用することが多かったかな。
Yahoo!もカテゴリで見てたし。
今後利用することはあまりないとは思うけど,かなりお世話になりました。
あざーっす!

おまけ編

Webサービスってほどじゃないけどそういやこんなんあったなーっていうのを列挙。

ブログバトン

ブログを初めて作った頃,妙にこいつに追われていた気がするんだよね。
リアルの友人からも回ってきて,「早く回せやゴルァ!」なんて風にかなり険悪なムードを醸し出すのに一役買っていたな。
つーか,誰がこんな誰も得しないもんを作ったんだ

○○徒然日記

ブログのタイトルの「○○徒然日記」率が異常だった。
そして,そういうタイトルのブログのつまらなさも異常だった

色々並べ立ててみたけど,他にもまだまだある気がする。
今普通に使っているサービスも何年か後にはオワコン化したり,終了したりするのかね。

広告を非表示にする
Ads by Google